兼松エレクトロニクス(KEL、榎本秀貴社長)とデル(郡信一郎社長)は、ソフトウェアでネットワークを実現する「SDN(Software Defined Networking)」とOpenFlowプロトコルを活用したオープンなネットワーク環境の市場拡大に向けて協業する。

 KELが取り扱うNEC製のOpenFlowコントローラ「UNIVERGE PFシリーズ」とデルのOpenFlowスイッチ「Force10」を組み合わせて、共同で検証する。

 共同検証で、KELは異なるメーカー間の接続技術のノウハウを提供。デルは、OpenFlowをサポートする高密度10Gスイッチ「S4810」と技術情報を提供する。相互接続検証の結果をアメリカ本社の技術部隊にフィードバックして、相互接続性をマルチベンダー環境で高めていく。(ゼンフ ミシャ)