ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイル(ともに孫正義社長)は、10月10日、車両・機械や設備などを遠隔で監視・制御するM2M(機器間通信)を総合的にサポートする企業向けサービス「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム(SMSP)」を発売した。

 M2Mに必要なセンサネットワークの構築から、通信回線・機器調達、データ収集・活用、機器ネットワークの保守管理、コールセンター業務までをワンストップでサポートするサービス。ユーザー企業は、M2Mサービスを利用する際の初期投資を抑え、保守運用のコストを下げることができる。

 「SMSP」では、ソフトバンクモバイルとウィルコムの回線をコアに、各サービスレイヤーのM2Mアライアンス・パートナーとのエコシステムによって、企業のM2Mシステムの構築と運用をトータルにサポート。さらに、世界約200か国や地域で利用できるグローバルでのモバイル回線と安全な国際通信ネットワーク(IP-VPN)を提供する。(ゼンフ ミシャ)