アイティフォー(東川清社長)は、10月11日、高度なコンタクトセンター機能をクラウドで利用できる「アスペクト・コンタクトセンタークラウド」の販売を開始した。

 コンタクトセンターに必要なすべての機能をクラウドで利用できるサービス。コンタクトセンターを一か所に統合しなくても、全国に分散するエージェントをネット経由で集中管理することができる。各エージェントは、ネットに接続したパソコンを用いてコンタクトセンター業務を遂行。パソコンのソフトフォン、スマートフォン、タブレット端末などでも通話対応ができるので、在宅エージェントやリモートオフィス、サテライトオフィスでも業務ができる。

 インバウンド(電話の受信)では、設定されたルールに従って電話を振り分けるACD(着呼の自動配信機能)、音声応答で発信者に操作を促すIVR(自動音声応答機能)、ACDやIVRのワークフロー設定ツール、各種統計レポート作成機能、電話とコンピュータを接続する機能などを搭載。アウトバウンド(電話の発信)では、自動的に電話をかけてつながった電話だけを手の空いたオペレーターへつなぐプレディクティブダイヤラーのほか、スーパーバイザライセンス、システム管理者用ライセンス、通話録音など、業務に必要なすべての機能を追加費用なしで利用できる。

 オプション機能として、電話に加えてメールからの問い合わせを統合管理するオムニチャネルに対応。また、Twitter/Facebook/RSSリーダーに投稿された自社製品や自社サービスに関する悪評や要望を即座に検知してクレーム対応やマーケティングに活用できる「アスペクト・ソーシャル」も用意する。

 価格は、インバウンドが月額1席1万3000円から、アウトバウンドが月額1席1万6000円から、初期費用は別途200万円から。申込み後1か月以内に利用できる。アイティフォーは、小規模から大規模まで、初期投資を抑えて常に最新の機能を利用したい企業や、全国に分散するエージェントをネット経由で集中管理したいなどの要望をもつ企業を対象に、今後1年間で20社の受注を目標としている。