菱洋エレクトロ(大内孝好社長)は、日本エヴィクサー(瀧川淳社長)の技術協力を受け、音・画像・動画の認識エンジンを搭載したスマートフォン用マーケティング支援アプリケーション「Tolphin(トルフィン)」を発売する。

 スマートフォンに音・画像・動画の特徴を認識させて、参加企業の指定のコンテンツに展開させるキャンペーン企画型マーケティング支援アプリケーション。店内放送(音)やチラシ(画像)、テレビコマーシャル(動画)などを認識させることで、ポイントやクーポンを発行したり、チラシの内容に関連した動画を再生したりなど、幅広い認識媒体を入り口にキャンペーンを展開することができる。

 参加企業は、既存の媒体やインフラを活用することによって、短期間・低予算でキャンペーンが展開できるとともに、ユーザー自身が音・画像・動画から情報を取得する“参加型PRツール”として、これまでにない訴求効果をユーザーに提供することができる。さらに、ポイントやクーポンなどの発行状況や活用状況を収集することで、消費行動プロセスの分析などに役立てることもできる。