NTTドコモ(加藤薫社長)は、12月4日、中国の通信事業者チャイナモバイル(China Mobile Communications)および韓国の通信事業者KTの3社の間で、2011年1月に締結した事業協力契約を17年1月まで3年間延長することに合意した。

 これまでNTTドコモでは、チャイナモバイルとKTとの緊密な事業協力活動を通じて、NFC国際ローミングの共通仕様の策定や、コンテンツの相互提供など、各種サービスの開発や連携を進めてきた。

 今回の契約延長によって、NTTドコモは日中韓での「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現を目指す。第一段階として、12月2日には、KTの顧客を対象としたNTTドコモのLTEネットワークへの「LTE国際ローミングインサービス」の提供を開始した。