エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、1月17日、SmartBear Softwareのソフトウェア自動テストツールの新バージョン「TestComplete 10.0」を発売した。

 「TestComplete」は、ユーザーのキー操作、マウス操作を記録してテストシナリオを自動生成し、ソフトウェアテストを自動化するツール。繰り返しのテストの工数を削減し、短期間で高品質のアプリケーションが提供できる。対応するテストの種類は、機能/回帰テスト/ウェブテスト/単体/データ駆動型テスト。開発ツールに依存しないので、C#、Visual C++、Delphi、Javaデスクトップアプリなど、作成されたアプリケーションに関係なく、サポートするWindows OS上で動作するアプリケーションの操作をシミュレートできる。

 新バージョンでは、Android デバイスのモバイルテスト、モバイルウェブテスト、Windowsストアアプリケーションのテストを追加。また、Windows 8.1、Visual Studio 2013のサポートを追加した。これによって、デスクトップアプリケーション、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーションのGUIテストを自動化する。なお、iOSデバイスのサポートは、近日中にリリースする予定。

 税別価格は、「TestComplete 10 Platform ノードロック」が13万円、「TestComplete 10 Desktop モジュール ノードロック」が13万円、「TestComplete 10 Web モジュール ノードロック」が13万円、「TestComplete 10 Mobile モジュール ノードロック」が16万9000円、「TestComplete 10 Platform フローティング」が32万5000円、「TestComplete 10 Desktop モジュール フローティング」が26万円、「TestComplete 10 Web モジュール フローティング」が26万円、「TestComplete 10 Mobile モジュール フローティング」が33万8000円、「TestExecute 10 フローティング」が6万5000円。製品には、1年間のメンテナンス(技術サポートとアップグレード)を含む。