ニュース

ストラタス、XeonプロセッサE5v2搭載の無停止型サーバー

2014/01/27 18:40

 日本ストラタステクノロジー(ストラタス、飯田晴祥社長)は、Intel IvyBrigdeアーキテクチャ採用のIntel XeonプロセッサE5v2ファミリを搭載した無停止型サーバーシステムの新モデルを発売する。

 新モデルは、Intel XeonプロセッサE5v2ファミリを採用。10コアプロセッサを搭載することによって、最大40スレッドまでをサポートする。多くの仮想化プラットフォームで採用されているMicrosoft Windows Server 2012に対応し、高パフォーマンスでコスト効率の高いITインフラストラクチャを構築できる。

 最大512GBのメモリの搭載に対応。全モデルにDDR3-1600を採用し、処理速度を向上した。「ftServer4710」には、ハイエンドモデルと同じCPU1ソケット(物理2)を採用し、ミッドレンジモデルの処理能力を強化しした。

 税別価格は、「ftServer 2710」のWindows Server 2012 Standard Editionが119万7000円から、「ftServer 4710」のWindows Server 2012 Standard Editionが316万2000円から、Windows Server 2012 Datacenter Editionが382万2000円から、「ftServer 6410」のWindows Server 2012 Standard Editionが563万4000円から、Windows Server 2012 Datacenter Editionが635万5000円から。

 ストラタスは、年間の販売目標を800台として、セールスパートナーとの協業を強化し、販促活動を展開する。
  • 1

関連記事

日本ストラタステクノロジー OpenStack対応の高信頼性技術を提供 基幹系システムのクラウド化も後押し

ACCESSとストラタス、高信頼性SDNソリューションの提供で協業

ストラタステクノロジーがマラソンテクノロジーズを買収

日本ストラタス、Intel Xeon E5-2600プロセッサ対応のサーバーシステム、第6世代「ftServer」

日本ストラタス、無停止型仮想化ソフトウェアの新バージョン

外部リンク

日本ストラタステクノロジー=http://www.stratus.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>