英領バミューダに本社を置くストラタステクノロジー バミューダ ホールディングズは、9月24日、同社の全額出資会社であるストラタステクノロジー バミューダと米ストラタステクノロジー(デイビッド・C・ロレーロ社長兼最高経営責任者)が、高可用性・災害復旧ソフトウェアを提供する株式非公開企業である米マラソンテクノロジーズと同社の知的財産権の買収を完了したと発表した。

 買収で、ストラタスには、マルチコア、マルチプロセッサ・マイクロソフトアプリケーションに対応したソフトウェアベースの無停止型ソリューション「Marathon everRun MX」を含むマラソンテクノロジーズの「everRun」ラインが加わり、ハードウェアとソフトウェアの両面で広範囲に提供できる高可用性無停止型ソリューション製品群が揃った。

 なお、マラソンテクノロジーズの米国、英国、日本の従業員は、ストラタスで雇用する予定で、現在、準備・調整を行っている。