アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」を、バリオセキュア(稲見吉彦社長)が提供する「マネージドセキュリティサービス」のウェブフィルタリング専用アプライアンスとして、5月7日に提供を開始する。

 「InterSafe WebFilter」では、標的型サイバー攻撃やマルウェアなどの感染を防止する入り口・出口対策をはじめ、業務時間中の私的利用防止、SNS・掲示板などへの書込みや、ストレージサービス・ウェブメールなどを経由した情報漏えいの防止など、インターネットアクセスに関するリスクを軽減するフィルタリングソフト。

 「マネージドセキュリティサービス」のウェブフィルタリング専用アプライアンスに「InterSafe WebFilter」が採用されることで、500ユーザー以上の利用でも、機器の保守から運用までのアウトソーシングを実現する。

 ユーザーはサーバーメンテナンスの負担がなく、24時間365日体制のオンサイト保守対応によって、導入・運用の負荷を大きく軽減することができる。