日立製作所(日立、東原敏昭社長兼COO)は、5月7日、次世代オープン勘定系パッケージが、京葉銀行(小島信夫頭取)の次世代勘定系システムとして採用されることが決定したと発表した。18年のシステム稼働を目標に、今後具体的なスケジュールを検討する。

 京葉銀行に採用された次世代オープン勘定系パッケージは、現在、日立と静岡銀行(中西勝則頭取)が共同で開発を進めているもの。従来のメインフレームの信頼性を継承したオープン基盤製品を全面的に採用することによって、システム構築・運用コストの最適化や、ステムの機能追加、新商品開発の迅速化・高度化を実現し、京葉銀行の戦略的な金融サービスの提供と、経営方針の策定や遂行に向けた柔軟性・迅速性を向上する。また、災害時やシステム障害時の事業継続性の向上に向けて、データのバックアップ機能を全面的に強化する。

 日立独自の高信頼の機能をオプションとして付加した「Red Hat Enterprise Linux」をOSに採用し、金融機関の基幹系システムへの導入など、ミッションクリティカルシステムで豊富な実績のある統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」などのハードウェア、業務アプリケーションを支援する金融フレームワーク製品、高速トランザクション処理を実現する「uCosminexus TP1/Financial Service Platform」などのミドルウェアを組み合わせてシステムを構築する。

 日立では、今後も、現在開発を進めている次世代オープン勘定系パッケージを中心としたトータルソリューションを金融機関に提供し、IT投資の最適化や顧客サービスの向上を永続的に支援することで、このパッケージをバンキングシステムの業界標準とすることを目指す。