京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、5月8日、ビジネスパーソンのワークスタイル変革を支援する新サービスブランド「BizWalkers+(プラス)」の第一弾として、スマートデバイスからシングルサインオンで、いつでも・どこでも安全・簡単にメールやグループウェアなどの利用ができるリモートアクセスサービス「BizWalkers+ Mobile」の提供を開始した。

 「BizWalkers+ Mobile」は、クラウドサービスと連携することによって、メールやグループウェアなどをシングルサインオンで簡単に利用することができ、外出時やすき間時間の有効活用による生産性向上や働き方の多様性への対応を支援する。

 セキュアブラウザによって、社内情報資産(データ)がデバイスに残らないので、紛失や盗難による情報漏えいのリスクを軽減。ビューア機能により、電子メールの添付ファイルを端末内にダウンロードすることなく閲覧でき、BYOD(個人端末の業務利用)でモバイル環境の導入コストを削減することもできる。

 デバイス/ユーザー認証の二要素認証に対応。管理者が許可した従業員の私有端末から安全にメールやスケジュールにアクセスでき、Microsoft Office 365やGoogle Apps for Businessなどのクラウドサービスもより安全に利用することができる。シングルサインオン機能で、各アプリケーションへの複数認証は不要。「BizWalkers+ Mobile」に一度ログインするだけで、外出先から簡単にメールやグループウェアなどを利用できる。

 税別価格は、初期費用が10万円から、月額費用が2万1000円から。KCCSは、初年度1億円の販売を目標にする。