エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、5月23日、iOS/OS Xで、開発者が簡単にストレスなくアプリケーションを作成できるObjective-C向け統合開発環境(IDE)の最新版「AppCode Ver.3」を発売した。

 インテリジェントなObjective-C統合開発環境(IDE)で、先進のコード分析ルーチンとスマートなエディタが特徴。すぐれたコードコンプリート、強力なリファクタリング、自動インポート、ワンクリックコードナビゲーション、自動コードフォーマットなど、開発効率を最大限に高める機能を提供する。Xcodeとのシームレスな統合によって、Objective-Cに精通した開発者だけでなく、iOS開発初心者でも活用できる。

 最新版は統合UIエディタ機能を提供し、iOS SDKでサポートしているすべてのiOSコンポーネントパレットを完全に使用できる。また、iOSのデバッグを支援するツール、Itty Bitty AppsのRevealを統合した。ターゲット管理とプロジェクトセッティングを改善。プロジェクトセッティングでは、ターゲットの追加や、フレームワーク、ソース、リソースをドラッグで簡単に設定できるようになった。また、ローカルやSSHプロトコルを使用したリモートでコマンドを実行できる。

 価格は、AppCode商用ライセンスの年間サブスクリプションつきが2万3760円。年間サブスクリプションは、1年間の無償アップグレードが含む。