日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、SaaS型セキュリティ対策サービス「あんしんプラスシリーズ」のメニューを拡充し、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)の総合型サーバーセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」をベースとした新メニュー「サーバセキュリティあんしんプラス」を7月に発売する。

 「サーバセキュリティあんしんプラス」は、サーバーが抱えているセキュリティ課題を、仮想・クラウド・物理環境にまたがってトータルに解決する総合型サーバーセキュリティソリューション。仮想パッチによるOSやアプリケーションの脆弱性の保護、SQLインジェクションなどの攻撃からのウェブアプリケーション保護、不正アクセス(セキュリティログ)監視、ファイルやレジストリの改ざん(変更)監視、ウイルス検索など、総合的なセキュリティ対策を提供する。

 SaaS型サービスなので、専用のハードウェアは不要で、保護するサーバーにエージェントをインストールするだけで利用できる。これによって、初期導入コストや運用時に顧客が行う作業を最小限に抑えて、サーバー1台からセキュリティ対策を効率的に管理・運用することができる。

 税別価格は、1サーバー月額9000円から。NJCは、今後1年間で1000サーバーへの納入を目標にしている。