日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、4月9日、2015年7月15日のMicrosoft Windows Server 2003の延長サポート終了に伴い、安全で最適な環境に移行するための支援サービスの提供を開始した。

 Windows Server 2003のサポート終了まではあと1年3か月で、システム全体の移行プランを検討・実現するには猶予期間があまり残されていない。NJCは、これまで培ったノウハウと最新のテクノロジをベースに、顧客の業務運用に応じたスムーズな移行をサービス化。第一弾として、ITインフラの現状調査から移行プランニング、環境構築、データ移行、導入後の運用管理までをトータルに支援する「クラウド移行支援サービス」と「サーバー移行支援サービス」を提供する。

 「クラウド移行支援サービス」は、既存のWindows Server環境をクラウド環境に切り替えて、イノベーションの実現を検討している顧客向けのサービス。メールやグループウェア、ファイルサーバー環境のクラウド化とあわせて、システム基盤全体をIaaS環境で構築することで、将来を見据えたスモールスタートができる。最新のテクノロジを活用したクラウドサービスによって、柔軟なワークスタイルの実現と業務革新を支援する。

 「サーバー移行支援サービス」は、既存のWindows Server環境を顧客の運用に合わせて最適な環境へ移行するサービス。移行先は、自社内かデータセンターのどちらかを選択できる。データセンターへの移行は、BCP対策としても有効で、WAN環境も含めたシステム基盤を提案。選択されたロケーションに、目的別のサービスによって環境を構築する。

 NJCは、今後、ITインフラの移行だけでなく、基幹システムなど、さまざまな業務システムの移行支援サービスを拡充し、顧客の将来を見据えた最適なIT環境をトータルに提供していく。