サイボウズ(青野慶久社長)は、6月16日、ランサーズ(秋好陽介社長)と提携して実施した「サイボウズ企業ロゴ 新デザインコンテスト」の結果を発表した。エンタープライズ/グローバル/国内という三つの市場で活用する企業ロゴの最優秀賞を決定した。

 サイボウズは、1997年の創業時から使用してきた企業ロゴを初めて刷新するにあたって、クラウドソーシング「Lancers」上でデザインを募集。その結果、450人の提案者から1431件の応募があった。この応募数は、「Lancers」のロゴデザインコンテストとしては過去最高だった。

 マーケティング担当者による一次選考で絞り込んだロゴデザインに対して、全社員で投票を実施。エンタープライズ/グローバル/国内の三つのカテゴリで得票数の最も多かったロゴデザインを最優秀賞に選出した。

 各カテゴリの最優秀賞は、エンタープライズ市場向けロゴがoldnick氏、グローバル市場向けロゴがnekosmash氏、国内市場向けロゴがmaldduk2jp氏の作品が受賞した。また、佳作として、toramotono氏とDripple氏の作品が選ばれた。

 サイボウズは、今後、選出したロゴデザインを候補の一つとして企業ロゴリニューアルを再検討し、正式な新ロゴデザインを発表する。