サイボウズ(青野慶久社長)は、6月5日、サイボウズが提供するビジネスクラウド基盤「cybozu.com」が、国立情報学研究所(喜連川優所長)が運営する学術認証フェデレーション(学認/GakuNin)に対応したと発表した。

 学認は、学術e-リソース(教育コンテンツ、電子ジャーナルなど)を利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社などで構成する連合体。各機関は、フェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼することで、相互に認証連携を実現できる。

 学認が採用しているShibboleth認証は、「cybozu.com」が採用している認証プロトコルであるSAML 2.0を利用。これによって、認証連携が実現した。この連携で、学内の認証システム(IdP)にログインするだけで、学内システムや商用のサービスなど、学認に対応したサービスと「cybozu.com」へのシングルサインオンを実現し、学内のIDで「cybozu.com」を利用できるようになる。