アイティフォー(東川清社長)は、6月23日、世界の有名ブランドのハンカチやスカーフ、フレグランスなどの製造・販売を手がける川辺(吉田久和社長)から、ECサイト「INTERMODE KAWABE ONLINE SHOP」のリニューアルを受注したと発表した。今年10月の稼働を予定している。

 リニューアルでは、アイティフォーのECサイト構築パッケージ「ITFOReC クラウド版」を採用。現行のECサイトは基幹システムと連携しないシステムで、ECサイトで受注した商品を出荷するためには、受注情報を基幹システムへパンチ入力する必要があった。リニューアルでは両システムのデータ連携を実施し、受注から出荷処理までのオペレーションを自動化する。

 また、クリスマスやホワイトデーなど季節祭事のギフト需要に対し、N対N対N対応や、のし制御機能など、リアル店舗と同様のきめ細かなギフト対応を行う。さらに、効率化のために両サイトの商品・在庫・受注を一元管理する「ITFOReC MS2」を導入し、業務の効率化を図る。

 採用にあたっては、小売業向け基幹システム「RITS」の実績や、オムニチャネル対応を視野に入れた拡張性も評価された。アイティフォーは、オムニチャネル対応のECサイト構築で、今後1年間で20社の受注を目指す。