Skyは、6月30日、クライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.9.2」を発売した。

 「SKYSEA Client View」は、「動作が軽い」「検索が速い」「使いやすい」をコンセプトに、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして、毎年バージョンアップしている。

 新バージョンは、ウェブブラウザ上のOffice Onlineでのファイル作成ログや、Outlook Web Appメールの送信ログなどのOffice 365に関する各種操作ログ、Google AppsでのGmailログ、Google Chromeブラウザでのウェブ書込み/アップロードログなど、ウェブやアプリケーション経由での各種操作ログが取得できるようになった。

 また、「レポート」機能でウェブサイトから最適なテンプレートを選んでダウンロードし、集計できるようになった。さらに、「サーバー監査」機能のイベントログ圧縮や検索機能を高速化するなど、使いやすさを向上している。