日本オラクル(杉原博茂社長兼CEO)とワイ・ディ・シー(YDC、三奈木輝良社長)は、7月2日、良品計画(金井政明社長)が、管理会計と国内外店舗の物流を支える基幹データベース基盤として、オラクルの高速データベースマシン「Oracle Exadata Database Machine(Oracle Exadata)」を採用し、5月に稼働を開始したと発表した。

 良品計画は、商品の原価計算、国内の店舗とECサイトの物流、海外店舗の物流を管理する既存の3システムを統合・強化するために、「Oracle Exadata」の導入を決定。複数の他社製UNIXサーバーで運用した既存システムを1台の「Oracle Exadata」に集約した。

 あわせて、「Exadata」を活用した大量のトランザクションを取りこぼすことなく、データベースへのアクセスを監視・保護し、監査データを解析する「Oracle Audit Vault and Database Firewall」を採用。「Oracle Exadata」のバックアップ・ストレージ基盤として「Oracle ZFS Storage ZS3」を導入した。こうしたハードウェアの導入とあわせて、原価計算システムと物流システムも大幅に刷新した。

 システムの刷新によって、ECサイトの在庫引当時間が従来の4分の1、平均0.17秒に短縮。物流センターのピッキング、出荷指示データ作成処理を1時間から10分に短縮するなど、大幅な高速化を実現した。さらに、勘定系システムや物流システムの画面、帳票処理などの全体的なパフォーマンスが向上した。

 プロジェクトでは、YDCが原価計算、国内物流、海外物流システム構築、パフォーマンス検証、運用テストなどを担当。オラクルのコンサルティング・サービスが、新システムのリソースを効果的に活用するための実装の支援を行った。