日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、7月14日、ASEAN地域でビジネスを推進する金融業・製造業を支援するために、シンガポールとタイ・バンコクに「グローバル・ビジネス戦略室」を設置したと発表した。

 シンガポールは今年4月に金融業向けに、バンコクは今年7月に製造業向けに開設。ASEAN地域での日本IBMの拠点として、営業担当やコンサルタント、エンジニアが常駐する。日本国内のユーザー企業の本社と密接に連携しながらASEAN各国のIBMとも協業することで、日本のユーザー企業に対して、現地の商習慣や規制などに対応するソリューションの提供やシステムの構築を行う。

 金融業向けには、トランザクション・バンキングの高度化や、モバイル・チャネルの活用などを支援。製造業向けには、販売拠点の拡大や新工場の設立などに対応する基幹システムの構築や、コスト最適化・品質向上を図るための市場/品質/生産に関するビッグデータ分析などを提供する。(上海支局 真鍋武)