京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」の新たな配信メニューとして、広告主のブランドや商品の認知、新規ユーザーのウェブサイトへの効率的な集客を支援する「プロファイルターゲティング」を7月31日に開始した。

 「デクワス.DSP」は、サイト訪問者のコンバージョンを促進する「パーソナライズリターゲティング」、リピートを促しロイヤルカスタマを醸成する「ロイヤルティターゲティング」、購入確度が高い新規顧客を集客する「ロイヤルティターゲティング拡張」など、広告主のキャンペーン戦略に応じた広告配信ができる広告配信プラットフォーム(DSP)。

 新たに提供する「プロファイルターゲティング」は、サイジニア(吉井伸一郎代表取締役CEO)のデータ推定技術と連携し、KCCSが独自に保有するオーディエンスデータをプロファイリングすることで、性別・年齢・家族構成などのデモグラフィックや、ファッション・ダイエットなどのインタレスト(興味・関心分野)を任意に組み合わせて広告を配信する。

 これによって、広告主のブランドや商品の認知、新規ユーザーのウェブサイトへの効率的な集客を実現するとともに、認知から購入まで、ユーザーの購買プロセスに合わせた一貫性のあるターゲティング配信ができるようになる。さらに、配信後にはユーザーの態度変容を可視化するレポートを提供し、広告運用のPDCAサイクルを支援する。