京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、トレンドマイクロの総合サーバーセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」を採用し、アマゾンウェブサービス(AWS)のセキュリティ対策から構築、運用監視まで、ワンストップで提供する統合運用管理サービスを7月17日に発売した。

 長年培ったセキュリティノウハウを生かして、AWS上のシステム向けセキュリティオプションを提供するサービス。従来のAWSの構築、運用監視に加え、「セキュリティコンサルティングサービス」「Deep Security構築サービス」「セキュリティ運用監視サービス」を提供する。

 AWSとの親和性が高く、アプリケーションレイヤで包括的なセキュリティレベルを確保する「Deep Security」を活用することで、AWSのセキュリティ対策から構築、運用監視までをワンストップで支援する。

 さらに、既存環境からAWSに移行する際に考慮する必要がある顧客のコンプライアンスやセキュリティ要件に対するリスクを洗い出すセキュリティコンサルティングサービスも提供する。洗い出した結果を「Deep Security」のセキュリティ機能に実装することで、既存環境と同様の高いセキュリティレベルを維持することができる。

 KCCSは、初年度100社への提供を目指す。