富士通マーケティング(FJM、生貝健二社長)は、8月21日、2015年7月15日に延長サポートが終了するWindows Server 2003を利用している顧客に向けて、「Windows Server 2003移行応援パック」「Windows Server 2003移行おまかせパック」の提供を開始した。

 FJMは、これまで導入から構築、展開、運用、教育、3RまでWindows Server 2003の移行ソリューションをトータルで提供。今回、このノウハウをもとに、専任のシステム管理者が不在でも顧客自身で必要なものを簡単に選択できる「Windows Server 2003移行応援パック」と「Windows Server 2003移行おまかせパック」を提供する。中堅・中小企業の顧客向けに、要望が多い移行ソリューションをパック商品として提供することで、顧客の負荷軽減と迅速なシステム更新を実現する。

 「Windows Server 2003移行応援パック」は、FJMが構築したサーバー環境に、顧客自身でデータ移行を行うプラン。経験豊富な専門技術者と相談できるサポートチケットつきで、安心して安価に最新環境へ切り替えることができる。「Windows Server 2003移行おまかせパック」は、FJMがサーバー環境とデータ移行を行うプラン。専門技術者が移行に関する作業を行うので、安心して最新環境へ切り替えることができる。

 税別価格は、「Windows Server 2003移行応援パック AZCLOUD ファイルサーバ版」が初期費39万2700円から、月額4万9800円から、「Windows Server 2003移行応援パック AZCLOUD IaaS版」が初期費114万2700円から、月額12万5600円から、「Windows Server 2003移行応援パック AZBOX ファイルサーバ版」が初期費144万700円から、「Windows Server 2003移行応援パック Office 365 Exchange Online版」が初期費215万700円から、年額1ID 3960円から。FJMは、今後1年間で9000台の販売を目標にする。