NEC(遠藤信博社長)は、9月17日、IAサーバー「Express5800シリーズ」で、最新のインテル Xeonプロセッサを採用したラックサーバー3機種、ブレードサーバー1機種、モジュラーサーバー1機種の合計5機種を発売した。

 

Express5800/R120f-2M

 新製品は、複数台の仮想サーバーを運用する際に、サーバー外部とのI/O性能を十分に確保し、柔軟なネットワーク構成を実現する。ラックサーバー「Express5800/R120f-1M」「Express5800/R120f-2M」は、従来比2倍の四つのLANポートを1000BASE-T、1000BASE-T+10GBASE-SFP+、10GBASE-Tの3種類から選択して標準搭載し、ユーザーのニーズに応じたネットワーク構成にできる。

 ブレードサーバー「Express5800/B120f」は、10GBASE-T対応2ポートの標準搭載に加え、最大6ポートの拡張に対応。最大構成の場合、8ポート、80Gbpsのネットワーク帯域を確保できる。

 モジュラーサーバー「Express5800/E120f-M」では、従来比2倍となる四つのLANポートを標準搭載。高密度設計ながら二つのPCIスロットを確保し、低遅延でのデータ転送を実現するInfiniband接続ボードや、高スループットを実現するPCIe SSDアダプタなどを搭載でき、用途に合わせて柔軟にシステムを構成できる。

 最大18コアの最新CPU インテルXeonプロセッサ E5-2600v3製品ファミリーを、ラック・ブレード・モジュラーの各サーバー形状で採用し、処理性能を従来比で最大約40%向上。メモリは、最新規格のDDR4に対応し、処理性能を従来比14%向上した。また、CPUやメモリで処理したデータをRAIDコントローラからHDDやSSDに転送する速度を、従来比で最大約40%高速化した。

 NECは、運用者の操作性や視認性の向上を目的に、IAサーバー「Express5800シリーズ」とストレージ「iStorageシリーズ」で、デザインやユーザーインターフェースの共通化を図った。9月以降は、順次新デザインの製品を出荷していく。

新デザインイメージ

 税別価格は、2Wayラックサーバー「Express5800/R120f-1M」が54万3000円から、2Wayラックサーバー「Express5800/R120f-2M」が58万7000円から、4Wayラックサーバー「Express5800/R140e-4」が134万円から、ブレードサーバー「Express5800/B120f」が38万4000円から、モジュラーサーバー「Express5800/E120f-M」が33万円から。