NEC(遠藤信博社長)は、8月29日、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States」の建設請負契約を締結したと発表した。ケーブルは、2016年に稼働を開始する。

 現在、東南アジアと米国を結ぶ国際通信の多くは日本を経由しているが、近年の東南アジア経済の成長に伴って、米国との通信容量が急増。両地域を直接結ぶ新たな大容量光海底ケーブルの新設が求められている。

 「SEA-US」は、フィリピン・インドネシアからグアム・ハワイを経由して米国本土に至る総延長約1万5000kmの光海底ケーブルで、両地域間の通信需要の増加に対応するために建設するもの。毎秒100Gbpsの光波長多重方式に対応し、最大容量毎秒20Tbpsで伝送する。

 NECは、東南アジア・米国のグローバル通信事業者7社からなる「SEA-US」コンソーシアムとの間で建設契約を締結。海底ケーブルシステム事業で、約30年間にわたって、約20万kmを超える敷設実績を積み上げてきたことが評価された。(上海支局 真鍋武)