米アクロニスは、9月18日、Disaster Recovery-as-a-Service(DRaaS、サービスとしての災害復旧)を提供する米nScaledを買収したと発表した。

 アクロニスは、個人ユーザーやあらゆる規模の企業・団体向けにさまざまなバックアップソリューションや、安全なモバイルファイルアクセスと共有のためのソリューションを提供している。サービスプロバイダも、「Acronis Hosted Backup-as-a-Serviceソリューション」を使用して、オンラインバックアップとデータストレージを顧客に提供している。

 nScaledの買収によって、アクロニスのラインアップにDRaaSソリューションが加わり、現在「Acronis Backup-as-a-Serviceソリューション」を使用している顧客は、災害の際にシステムをクラウドに復元し、交換ハードウェアがない場合でも迅速に業務を継続できるようになる。アクロニスの大規模なパートナーネットワークによって、世界中のすべての顧客が完全なクラウドバックアップと災害復旧ソリューションを使用できるようになり、nScaled技術を導入する地域は大幅に拡大する。