エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、9月26日、米activePDF製のサーバーサイドPDF開発ツールの新バージョン「activePDF DocConverter 2014」「activePDF Portal 2014」を発売した。

 「activePDF DocConverter」は、サーバーベースのPDF変換パッケージで、Microsoft Word、Excel、Powerpointを含むさまざまなファイル形式に対応。スキャンする監視フォルダを設定することで、対応するファイルをドラッグ&ドロップでPDFに変換することができる。プログラム制御できるCOMオブジェクトによって、アプリケーションにPDF変換機能を追加することもできる。新バージョンでは、Microsoft Visio、Microsoft Publisher、Fuji Xerox DocuWorks、Corel WordPerfectのファイル形式への対応を追加した。

 サーバーでホスティングする「activePDF Portal」を利用することで、ウェブブラウザ、iPad、スマートフォンなどのモバイルデバイスからPDFを表示でき、また直接コメント、フォームフィールド、しおりなどを追加することができる。Adobe ReaderやFlash、ActiveXコントロールなど、クライアントサイドのソフトウェアは不要。エンドユーザーによるPDFの編集・印刷・保存の機能を制限することもできる。

 税別価格は、「activePDF DocConverter 2014」(1サーバーライセンス)が32万9000円、「activePDF Portal 2014」(1サーバーライセンス)が27万4000円。