建設ドットウェブ(三國浩明社長)とサイボウズ(青野慶久社長)は、9月29日、原価管理システム「どっと原価」と業務アプリクラウド「kintone」のデータを連携させる「どっと原価 for kintone」の提供を開始した。

 「どっと原価」は、建設業や個別受注型製造業など向けの原価管理システム。クラウド版の開発にあたって、「既存プラットフォームの利用によって短期間でのリリースが可能」「開発生産性が高く、連携ソリューションの作成・メンテナンスが容易」「柔軟なアクセス権設定に対応し、モバイル環境でのセキュアな利用が可能」という点を決め手として、モバイルインターフェースにサイボウズの「kintone」を採用した。

 連携によって、「どっと原価」で入力した情報を、「kintone」によって、建設現場でパソコン、スマートフォン、タブレットなど、端末を選ばずに確認できるようになった。

 「どっと原価 for kintone」の税込み価格は10万円。