サイボウズ(青野慶久社長)は、10月2日、『日経BPガバメントテクノロジー 14年秋号』(日経BP)で発表した「自治体ITシステム満足度調査 2014-2015 グループウエア部門」で第1位を獲得したと発表した。

 「自治体ITシステム満足度調査」は、『日経コンピュータ』が企画・実施した「顧客満足度調査」のうち、官公庁と自治体(都道府県、市区町)について、ITベンダーが提供するシステム開発や運用サービス、サーバーやERPパッケージといったハード/ソフト製品などの満足度を集計したもの。調査期間は5月7日から6月11日で、338件の有効回答を得た。

 サイボウズは、総合満足度で第1位を獲得したことに加え、すべての評価項目で部門平均を上回った。なかでも「導入や初期設定の容易さ」「性能」「運用管理の容易さ」「システム構築の容易さ」の各項目で高い評価を獲得した。

 なお、サイボウズのグループウェア製品は、現在、全国502の自治体が導入している。