双日システムズ(南部匠社長)は、Windows Serverのアプリケーション仮想化ソフト「AppZero」の販売を開始した。まずは、2015年7月にサポートが終了する予定の「Windows Server 2003」上で稼働する業務アプリケーションを、新しいプラットフォームへ移行するツールとして活用する。アプリケーションに改修を加えることなく、「仮想化することで新プラットフオームへの移行を実現した」(木佐谷康・エンタープライズソリューション本部ThinApp事業部部長)という。

 アプリケーション仮想化の狙いは、クライアントやサーバーのOS更改に左右されないアプリケーション単独のライフサイクルの維持だ。せっかくつくったアプリケーションも、OSのバージョンアップのたびに改修していては、追加費用がかさむだけでなく、ライフサイクルや減価償却の計画も立てにくくなる。

木佐谷康・エンタープライズソリューション本部ThinApp事業部部長

 そこで双日システムズは、クライアント用アプリケーションの仮想化として「ThinApp」と、米Code Systemsの「Spoon(スプーン)」をすでに取り扱っており、今回、新たにサーバー用アプリケーションの仮想化として「AppZero」の扱いを始めることで、クライアントやサーバーのアプリケーション仮想化ビジネスの拡大に弾みをつける。(安藤章司)