ヴァル研究所(中山秀昭代表取締役)は、「駅すぱあと」の経路検索ログデータにもとづく旅客流動推計データを、ウイングアーク1st(内野弘幸社長CEO)が運営する第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」で12月1日から提供する。

 ウイングアーク1stとヴァル研究所は、共同企画として、「駅すぱあと」で蓄積した検索ログデータを活用し、旅客流動量を推計するシステムを開発する。これによって、「駅すぱあと」のサービス利用者が、どこから(出発駅)、どこへ(到着駅)の移動を検索したか、駅ごとに集計し、時間帯や曜日、季節の変動による各種推計分析ができるようになる。ウイングアーク1stは、この「旅客流動推計データ」を「3rd Party Data Gallery」のラインアップの一つとして提供する。

 「イベント会場の最寄り駅にふだんどこから人が来ているか、またはどの路線を利用しているかを推定し、最適な駅や利用路線に交通広告を掲出する」といった活用をはじめ、祝祭日・平日の変動から休日の人口分布を把握したいショッピングモールやレジャー施設での活用、時間帯による変動からサンプリングを行う時間帯やタクシー配車などでの活用、シーズンや月による変動から旅行・観光産業によるマーケティングへの活用などが考えられる。

 データはウイングアーク1stから提供し、条件によって1駅あたり税別1万~60万円で販売する。