双日グループのエヌシーアイ(橋本晃秀社長)と日商エレクトロニクス(日商エレ、河村八弘社長)は、双日(佐藤洋二社長)とともに、政府官公庁や企業向けのサイバーセキュリティ事業に本格的に参入する。

 エヌシーアイは、11月末にサイバーセキュリティ専門のエンジニアを配置する「セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)」を設立。 サイバーセキュリティに関するコンサルティング、システム構築支援サービスを提供している日商エレと連携し、システムの運用代行サービスを提供する。さらに、政府官公庁が取り組むサイバー攻撃対策や、企業独自のプライベートSOCの構築と運用の支援を行う。

 エヌシーアイと日商エレは、主に官公庁やインフラ系企業に高度なサイバーセキュリティソリューションを提供している双日と連携することによって、双日グループ全体でセキュリティシステムのコンサルティングから設計支援、システム構築、監視・運用・分析までをワンストップで提供する体制を整える。