クオリティソフト(久保統義社長)と日本RA(NRA、眞柄泰利社長)は1月22日、アライアンスに合意したと発表した。このアライアンスにより今後、クオリティソフトとNRAは技術と事業開発領域で、協力してビジネス機会を開拓・評価・遂行していく。

 クオリティソフトは、IT資産管理ツールの提供とともに、クライアントPCの管理に関するさまざまな問題についてのソリューションを提案し、問題解決を支援する。一方、NRAは、端末の利用者を認証することで、Webサービスにアクセスする利用者を厳格に統制するためのサービスを提供する。

 具体的には、これまでクライアント証明書の課題であった厳格な配布を、クオリティソフトの脆弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」の一部の機能との連携によって、執り行う機能を開発する。これによって、ネットワークからクライアント証明書配布を安全確実に配布できるだけでなく、配布状況を管理者が一元管理でき、コントロールを容易に行うことが可能となる。

 また、大量なクライアントに配布する場合、エンドユーザーに作業させることなくインストールを強制実行することも可能となり、従来の配布でのリスクを取り除き大幅なコスト削減を実現する。

 クオリティソフトとNRAでは、初年度500ユーザー、1億円の販売を目標としている。