Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの最新バージョン「SKYSEA Client View Ver.10」を、1月22日に発売した。

 最新バージョンでは、近年話題となっている個人情報や機密情報など、組織の重要なデータに対する内部不正や標的型攻撃などの脅威への対策を強化。重要な取り組みの一つである各種情報の「見える化」を支援する機能を搭載した。組織内で管理すべきクライアントPCなどのIT機器、外部との通信状況、データベースへのアクセス状況を可視化することで、脅威につながる動きを迅速に察知し、対処するための支援を行う。

 「SKYSEA Client View」がインストールされていないコンピュータを含む、ネットワークに接続されているIT機器を検出し、未登録のクライアントPCの洗い出しを行うことができる。「管理できていないコンピューターやIT機器」を把握し、管理対象とすることで、情報漏えいのリスクを軽減する。

 Microsoft SQL Serverのデータベースに対して行われた各種操作を、監査ログとして収集。データベースへのログイン状況、管理者権限によるアカウント作成や、データの複製・編集などをログで容易に確認することが可能となり、定期的な確認を行うことで、情報漏えいにつながる不審な操作を把握できる。

 各サーバー、クライアントPCの通信セッションをログとして収集、管理することが可能。ログの詳細を確認することで、普段通信することのない外部サーバーへのアクセス状況などをいち早く把握し、内部不正につながる動きを察知することができる。また、Bluetoothや無線LANの使用をログとして収集することも可能となっている。