Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの最新バージョン「SKYSEA Client View Ver.9.1」を発売した。

 「SKYSEA Client View」は、「動作が軽い」「検索が速い」「使いやすい」をコンセプトに、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして進化してきた。

 新バージョンは、Mac端末の操作ログで取得できる種類を拡大し、Gmailウェブメールサービスの送信ログなどが取得できるようになった。また、ログ圧縮設定を行う以前に蓄積されたログについても圧縮処理ができるようになるなど、各種機能の改善によって使いやすさを向上した。

 このほか、レジストリ情報取得状況の詳細確認、ソフトウェア配布に失敗したときに、端末機状況の詳細確認、「SKYSEA Client View Webシステム」のユーザー権限の詳細設定、個別タイマー設定状況の一覧での確認、ワイルドカード指定での実行禁止アプリケーションの柔軟な設定、同じ役職の管理機間でのリモート操作などに対応。また、端末機振り分け機能を強化している。