大塚商会(大塚裕司社長)は、1月30日、中堅中小企業向けのファイアウォールリモート運用監視サービス「たよれーる らくらくファイアウォール25」を開始した。

 顧客先にファイアウォールを設置して、必要なすべての設定を行い、大塚商会運用監視センターで24時間・365日、稼働を監視するサービス。ファームウェアのアップデートやセキュリティ設定・VPN接続設定など、顧客にとって最も手間のかかる作業を代行し、必要に応じて遠隔操作による設定変更を行う。障害発生時には、遠隔作業による復旧や技術者が訪問して、機器交換などのサポートを実施する。

 無線LANアクセスポイントの運用代行サービス「らくらく Wi-Fi」とあわせて利用することで、タブレット端末など、モバイル機器を活用する環境をシステム管理の手間をかけずに構築することができる。

 ファイアウォール1台あたりの同時接続端末は25台以下を想定。税別価格は、初期費用が18万8000円、月額8400円。大塚商会は、初年度1000件の販売を目標としている。