ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は4月2日、茨城県庁の運営する茨城県の公式ホームページのリニューアルを実施し、4月1日に公開したと発表した。

リニューアルを実施した茨城県ホームページトップ

 SBTでは今回、茨城県に対して、セキュアで柔軟性の高いクラウドインフラと、自治体向けに最適化したクラウド型のCMS(コンテンツ管理システム)、それらに対するセキュリティ運用監視サービスを組み合わせて納入した。また、ホームページのデザインも刷新し、伝えたい情報を適切に届けられるよう、サイト構成やコンテンツの改善も行った。

 これにより、「県の顔」となるホームページの災害時対策やユーザビリティ/アクセシビリティが一挙に改善・強化されたほか、ウェブ上での同県の魅力の訴求力や、同県のPR力・広報力の向上も実現されている。