セゾン情報システムズ(宮野隆社長)は、ファイル転送ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」を使った、インターネット経由でのファイル転送を簡単・安全に行うためのSaaS 型の新サービス「HULFT WebConnect」の提供を、4月8日に開始した。

 HULFT WebConnectは、インターネットを介してHULFT間のファイル転送を行う場合に利用するHULFT専用のネットワークサービス。HULFTを導入済みのサーバーに無償のエージェントプログラムをインストールするだけで、既存のネットワーク環境を変更することなく、国内、海外問わず利用できる。

サービスイメージ図

 セキュリティ面についても、ファイル暗号化やファイル検証機能に加えて、SSL/TLS通信の常時適用、通信経路上のサービスにデータを残さないオンメモリ中継などの機能を付加した。導入・運用の容易さと高いセキュリティ機能を兼ね備えているため、安心して活用することができる。

 税別価格は、初期費用が無料、 「BASE 100GB」(転送容量100GB)が月額3万円、「BASE 500GB」(転送容量500GB)が月額4万2000円、「BASE 1TB」(転送容量1TB)が月額5万7000円。同社では、HULFT-WebConnectの売り上げを3年後の17年度末までに1000社、約5億円まで拡大することを目指す。