チエル(川居睦社長)は、5月11日、「中学校数学 基礎・基本習熟プリントパック」を、5月12日に発売すると発表した。

基礎・基本習熟プリントパック パッケージイメージ

 中学校数学 基礎・基本習熟プリントパックは、東北大学大学院情報科学研究科・堀田龍也教授の監修を受け、教材企画・開発会社である教育同人社が制作したプリント教材に、チエルのプリントコントロールシステム「Priduce(プリデュース)」を組み合わせた製品。中学校1年から3年まで、すべての学年の単元を習熟度別に取り組めるプリントのほか、小学校5年から6年の復習プリントと高校入試対策用プリントを合わせて、約1900枚収録している。

 利用法は、学校または教育委員会のファイルサーバーなどにアクセスし、数クリックで必要な教材を検索して、A4サイズの教材を印刷する。専門知識を必要としない簡単なインターフェースとなっているため、先生の授業準備時間を大幅に短縮することができる。

基礎・基本習熟プリントの利用方法

 価格は、自治体センターサーバー版ライセンス、校内サイトライセンスともにオープン。