サイボウズ(青野慶久社長)とM-SOLUTIONS(M-SOL、佐藤光浩社長)は、5月13日、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の開発SDKをコントロールするソフトウェア「Choregraphe(コレグラフ)」に対応した連携ツール「kintone POSTボックス」を共同開発し、デベロッパー向けに無償公開した。

 この連携ツールによって、Pepperとkintoneを利用したシステムが、ノンコーディングで開発可能となる。Pepperへの動作要求は、Choregrapheに用意されたボックスライブラリから該当のボックスを選択し、設置することで実行される。kintone POSTボックスを設置すると、任意のデータをkintoneのデータベースに自動で受け渡す。

Choregraphe上でのkintone 連携ボックス活用例

 Pepperは、開発環境にChoregrapheを利用することで、シンプルなUIを使った開発を可能としている。kintoneも業務システムをドラッグアンドドロップ操作で、すばやく構築できるクラウドサービスとなっている。今回のソリューションによって、業務で利用されるロボットの動作と業務システムとの連携を、高度な技術知識がなくても実現可能となる。必要な開発ドキュメントはcybozu.com developer networkで提供する。