フォースメディア(池田譲治代表取締役)は5月18日、QNAP TurboNASシリーズの新機種として、エントリークラスのラックマウント型NAS「TS-431U」を5月下旬に発売すると発表した。

TS-431U

 「TS-431U」は、デュアルコアFreescale ARM Cortex-A9 1.2GHzプロセッサを搭載し、メモリはDDR3 RAM 1GB、2ポートのGigabit Ethernetポートを備える。四つのドライブベイに8TB・HDDを搭載することで、最大32TBまで容量が拡大できる。

 従来機種に比べて処理性能を大きく向上させながら、消費電力は従来機種より大幅に低減。また、CPUに暗号化エンジンを内蔵しており、データ暗号化による処理パフォーマンスへの負の影響を極小化している。

 TS-431Uではさらに、AppCenterアプリによる機能追加を可能としているほか、各社クラウドストレージサービスとの連携やパーソナルクラウドストレージとしての利用もサポートしており、SOHO向けのオールインワンサーバーとして機能させることもできる。

 フォースメディアでは、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を各機種ごとに用意。また、導入後の安定した運用をサポートし、安心して利用できる独自の先出しセンドバック保守(1年-5年)サービスも提供している。