NTTデータ(岩本敏男社長)は、ビッグデータ分析活用にともなうデータ加工・集計支援サービスBizXaaS BA Analytics Frameworkが、キリン(磯崎功典社長)のデータ分析基盤構築に採用され、6月25日に本格運用を開始したと発表した。

キリン データ分析基盤(イメージ)

 BizXaaS BA Analytics Frameworkは、ビッグデータ分析作業の際の煩雑で作業負荷の高い、データ加工・集計等の分析前処理作業を効率化できるよう、「BizXaaS BA」に新たな機能として追加したもの。GUIベースの簡単な操作で、企業担当者自身による分析前処理作業を可能にするとともに、作業負荷を大幅に低減する。

 15年1月、キリンのデータ分析基盤の構築にあたり、同サービスが採用された。作業負荷の軽減や操作の有用性、それにともなうコスト面でのメリット、高い拡張性などが認められたことから、今回、本格運用が開始となった。

 今後NTTデータでは、さまざまな業界の分析活用支援におけるノウハウを生かした「分析活用テンプレート」を追加するなど、ユーザー企業のデータ分析基盤構築、分析活用、施策展開を支援していく。また、各種サービス開発、運用支援も予定し、分析から施策までシームレスなPDCAサイクルを提供していくことで、BizXaaS BA全体で3年間に100億円の売り上げを目指す。