NTTデータ(岩本敏男社長)は、1月23日、中国・吉林市で行った渋滞予測・信号制御シミュレーションの実証実験の成果を発表した。

 2014年11月10日~12月12日までの約1か月間、NTTデータは、吉林市と吉林市の現地企業である吉林市伯瑞信息技術と協力して、渋滞予測・信号制御シミュレーションの実証実験を行った。吉林市の8路線約200台のバスに搭載した車載端末を通じて収集した位置や速度などのプローブ情報と、道路・交通量調査などの統計情報を組み合わせてシミュレーションを実施。事前評価で最適化した信号設定を市内中心部の交差点の信号機に反映して交通を制御し、渋滞緩和とバス運行時間の改善効果を検証した。その結果、対象エリアを走る車両の平均速度が向上し、渋滞緩和を実現。対象となるバス路線の運行時間は平均で7%、最大で27%改善することができた。

 実証実験の成果をもとに、NTTデータは信号制御最適化ソリューションの実用化を推進する。また、日本や世界各国で導入が進んでいるスマートシティ関連プロジェクトに展開し、2020年度(21年3月期)末までに国内外で100億円の売上創出を目指す。