インフォテリア(平野洋一郎社長)は、主力製品のEAI/ESB「ASTERIA WARP(アステリア ワープ)」で、ビジネスパートナー企業が独自にさまざまなデータベースやサービスとの連携機能を強化するアダプタ開発プログラムを、7月1日から始める。

 主に独自のパッケージソフト製品をもっているSIerやISV(ソフト開発ベンダー)を対象としており、すでに名刺管理サービスのSansanやデータマイニングを使ったクラウド解析プラットフォーム開発のアイズファクトリー、ビジネスプロセス管理プラットフォーム開発のクレオネットワークス、クラウドやモバイル、データ連携などのSIを手がける信興テクノミストの4社のソフトウェア開発会社が参加を表明している。

アダプタ開発プログラムの参画企業募集サイトのイメージ

 インフォテリアでは、データベースやクラウドサービスとのデータ連携を可能にする専用アダプタをISVやSIerに開発してもらうことで、ASTERIA WARPの多様なデータソースとの連携機能を充実させていくとともに、ビッグデータをはじめとするクラウド時代の高度なデータ活用を加速させる方針だ。