マジックソフトウェア・ジャパン(マジックソフトウェア、佐藤敏雄社長)は、茨城電通が、Microsoft Accessで自社開発した電柱広告システムを、仕様書やドキュメント無しで「Magic xpa」で開発したRIA(Rich Internet Application)に置き換えたと発表した。

 茨城電通は、04年にAccess 2003で自社開発した電柱広告システムについて、Access 2007、Access 2010と問題なく稼働していたが、Access 2013からAccessデータプロジェクト(ADP)ファイルが読み込めなくなることもあり、開発ツールを一から選定することにした。採用のポイントとして、(1)一つのソースプログラムでマルチデバイス対応であること、(2)現状の処理画面や帳票レイアウト、操作性はほとんど変えないで変更できること、(3)将来的に拡張するときに、自社メンバーでも容易にプログラムできることの3つの選定基準を基に総合的に検討した結果、Magic xpaのRIAを採用することにした。

 Magic xpaのRIAを採用することにより、マルチデバイス(PC、スマートフォン、タブレット端末)が対応可能となった。さらに、現状の操作性をほとんど変更することなく移行ができたため、操作性に関する問い合わせもなく、スムーズに稼働することができたという。

 茨城電通では、今年4月からMagic xpa RIAに移行したシステムで、10台のパソコンやタブレット端末で使用している。今後は、現在紙で管理している電柱広告の維持管理業務のシステム化(写真を撮り、地図情報に反映し、履歴管理を行う)をMagic xpaのRIAを使用し実現していく予定。