クムジャパン(小山田佳裕代表取締役)は、9月3日、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一CEO)が米クムの「クム エンタープライスビデオソリューション」(動画配信サーバー)を導入したと発表した。

 IIJは、設立後20年以上にわたり、通信とネットワークの先進の技術で、信頼と実積を積み重ね、日本を代表する通信会社として成長を続けてきた。また、海外拠点でも、システム構築・運用など、顧客のニーズに応えるため、IIJグループでは海外でのサービス展開を積極的に進めている。

 今回、さらなる飛躍に向けて、文字だけではわかりにくい、さまざまな情報を短時間で伝えられる動画で、技術継承、動画マニュアルなどの活用を本格的に開始した。クローズド配信を基本とした社内専用の動画配信プラットフォームを導入するにあたっては、課題がいくつかあり、クムを含めて4社検討した結果、すべてクリアしたのがクムだったという。