ITホールディングスグループのTIS(桑野徹会長兼社長)は、東京急行電鉄と東急カード向けに、ヒト型ロボットPepper用のアプリケーション開発を支援したと発表した。9月9日から東急電鉄の二子玉川駅においてTOKYU CARDの新規会員獲得などに活用する。

 同アプリでは、集客や新規会員獲得、告知効果を高めるといった狙いで、客の呼び込みや対話モードの機能を実装している。呼び込みでは、「カードはすぐにつくれて、今日からポイントをためることができるよ」「だから、TOKYU CARD入って」など、Pepperがカードの動画や画像を使ってカードの魅力を案内する。

客の呼び込みや対話をする「Pepper」~その1~

 PepperによるTOKYU CARDの案内は、二子玉川が目指す「クリエイティブ・シティ」の実現の一環であり、7月に全施設が開業した二子玉川ライズなどの来訪者に、楽しい時間やお得な情報を提供することを目的として実施する。

客の呼び込みや対話をする「Pepper」~その2~

 東急電鉄と東急カードでは、今後Pepperを活用しながら、東急線の駅やグループ施設における顧客対応の一段の充実を目指すとしている。

 また、TISでは、シーンや用途に合わせたPepperのアプリ構築支援を推進していくとともに、人工知能分野における“機械学習”や“自然言語処理”といった技術要素を活用し、特定領域の話題において人と対話し、商品やサービスなどを推薦できるロボットアプリケーションを開発していく予定だ。