エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、OpenCV用の開発環境であるCeemple社の「Ceemple OpenCV IDE for Windows」を、10月1日に発売した。

 Ceemple OpenCV IDEは、コンピュータ ビジョン、画像認識、画像解析や機械学習のアルゴリズムをもつOpenCV用のIDE。OpenCV、Boost、Qt、OpenCL、Boost、CUDA、OpenMP、Armadillo、Eigen、画像処理など50以上のオープンソースのライブラリを事前に統合しているため、これらのライブラリを使用する際に、プロジェクトの設定、構成、フラグの定義などの作業は必要なく高い生産性を実現できる。

 また、コードの編集後、高速リコンパイラをサポートするコンパイラテクノロジを提供し、複雑なリコンパイルを短時間で完了する。標準C++のため、記述したコードは標準C++をサポートするターゲットに対してクロスコンパイルが可能。主要なライブラリは、すでに主要なターゲットプラットフォーム用に事前にコンパイル済みとなっている。

Ceemple OpenCV IDE の画面イメージ

 税別価格は、年間ライセンスで20万8000円。