オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、基幹業務パッケージシステムの最新版「奉行10シリーズ」を、10月29日に発売した。

 奉行10シリーズは、マイクロソフトの最新OSである「Windows 10」に対応し、環境変化に常に対応するサービス時代の基幹業務パッケージシステムを目指して開発したという。奉行シリーズは、これまでも基幹業務の生産性を向上するため、機能性や使いやすさを追求してきた。こうした従来の奉行シリーズのDNAを継承しつつ、最新版では“人と業務をつなぐ”という新たなアプローチによって、基幹業務から企業業務全体の生産性向上を実現する。

 奉行10シリーズでは、システムが担当者の仕事(タスク)の管理を支援することで、業務が滞ることなく計画的に実行できる。また、基幹業務の情報を奉行10シリーズから直接、さまざまな部署の人に共有することにより、業務コミュニケーションを活発にし、各部署の業務スピードを向上する。これらの業務を支える基盤として、制度改正・IT革新・顧客の業務変化といったさまざまな環境変化に対応し、常に最新の業務環境を提供することが必要不可欠であると考え、最新版から基幹業務パッケージ特有のサポートライフサイクルの概念をなくし、常に新しい奉行シリーズを提供していく。

 奉行10シリーズのラインアップは、「勘定奉行10」、「勘定奉行10[個別原価管理編]」「勘定奉行10[建設業編]」「償却奉行10」「申告奉行10[法人税・地方税編]」「申告奉行10[内訳書・概況書編]」「人事奉行10」「給与奉行10」「就業奉行10」「法定調書奉行10」「商奉行10」「蔵奉行10」の10製品。税別価格例は、「勘定奉行i10 スタンドアロン Sシステム」で28万円、OMSS(保守サービス)が「勘定奉行i10 スタンドアロン LLS ディスク送付なし」(1年)で5万円。