ディアイティ(三橋薫社長)は、12月16日、米Savviusのネットワークレコーダーの新製品「Savvius Insight」を、16年2月15日に発売すると発表した。

「savvius Insight」製品イメージ

 Savvius Insightは、支店・支所などの小規模ネットワークやLANセグメントで、パケットレベルのキャプチャを可能とした低価格のネットワークレコーダー。ネットワークのエンドポイントに近い領域で利用できるよう、小型きょう体にキャプチャポートとブリッジポートを搭載している。

 パケットキャプチャエンジンには、米Savviusが「Omnipliance」で培った技術を生かし、高機能LANアナライザ「OmniPeekシリーズ」を踏襲した専用のパケット解析ソフトウェア「OmniPeek Insight」を付属。また、「Splunk Forwarder」を標準搭載しており、「Splunk」で統計情報を用いた一元監視を行うことができる。

 Savvius Insightをラインアップしたことで、Omniplianceによるコアネットワークの監視から、Savvius InsightによるLANセグメントのネットワーク監視までの企業全体のネットワークを、一つのコンソール「OmniPeekシリーズ」で俯瞰することが可能となる。

 税別価格は49万8000円。